年齢を重ねると目立つ薄毛はagaを治療しているクリニックで相談

メンズ

これで何とかなる

髪の毛

現在、男性型脱毛症とされる薄毛のほとんどの症状は医療機関で治療が可能になっています。そして大阪にも対応している医療機関が数多くあるのです。大阪ではその豊富な選択肢の中で選ばれるよう、独自性のある発毛剤を開発したり、魅力的なプランを提供していたりもします。育毛剤で対策をしている方も、同じくらいの予算で月々の治療が受けられるほど、リーズナブルにもなってきているようです。治療の基本は外用薬と内服薬、内服薬にはプロペシアとザガーロがあります。男性型脱毛症に効果を期待できるこの二つの内服薬は作用が似ており区別がつきにくくなっていますが、大阪の医療機関ではホームページなどでそれぞれの特徴を分かりやすく伝えられていたりします。

ザガーロは最近になって国内で承認そして販売されることとなった治療薬です。これまでは前立腺肥大に効果を示すものとして利用されてきて、世界各国100以上で用いられています。ザガーロの有効成分はデュダステリドというもので、男性型脱毛症の要因となるジヒドテストステロンを発生させる5α―リダクターゼの抑制作用が期待できるのです。その結果、髪の成長期が長くなりしっかりと太く育つことになります。プロペシアも同じ作用ですが5α―リダクターゼには1型と2型があって、ザガーロはその両方に効果を発揮します。錠剤には0.1ミリグラムのものと0.5ミリグラムのものが用意されており、大阪では0.5ミリグラムのザガーロが1箱約10000円くらいで販売されています。